Activities scheduled 活動予定

定例研究会参加のお願い

春分の季節、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

新地方公会計制度が平成20年度から始まりましたが、数百年にわたって熟成されてきた民間会計に比べまだまだその歴史は浅く、検討課題も山積みとなっています。

一方、新たな統一制度に基づいて財務書類を作成に望まれる地方自治体におかれてましも、その作成実務が進むにつれ検討すべき課題が浮き彫りにることと存じます。
そうした現場実務の状況を改善するためには、現状における検討課題を洗い出し問題提起していく必要がありますが、その担い手として当該一般社団法人地方公会計研究センターが設立され、総務省の指導を受けて活動しております。   
この研究会では、実際に公会計実務に関与する専門家のみならず地方自治体の実務担当者の方々と一緒に勉強し、実際の現場で役立つ実務基準の検討を行いたいと考えております。月1回の定例研究会にて、基本に戻って公会計実務を省みる所存であります。

ご多忙中誠に恐縮でございますが、何卒ご参加いただきたく、ここにお願いもうしあげます。